和歌山のみかん愛溢れる「みかんのみっちゃん農園」さんをご紹介!

和歌山のみかん愛溢れる「みかんのみっちゃん農園」さんをご紹介!

農家さんプロフィール

周りから、みかん愛のオーラが半端ないと言われ、みかんのイメージを覆す“みかん革命児”と言われ、6代目和歌山有田みかん・はっさく・レモン・60品種生産農家である。

国内隅々まで行き、47都道府県制覇し、“走る るるぶ”と言われる。

プライベートも含め、前職が全国の農家さんと会う仕事でもあったことから、農業という食を創り出す素晴らしさ、そして、色々な人と出会いの中で、人との繋がりの大切さ・素晴らしさに気づく。

それを機に、みかんの本当の美味しさを多くの人々に伝えたい! そして、皆んなをオレンジ色のような笑顔にしてあげたい!と思うようになり、全身みかん衣装で、”非公認ゆるキャラ”として、自分が生産したみかんを様々な形で、イベントに提供し、みかん普及活動を実施。

 

この投稿をInstagramで見る

 

これからの暑い日に向けて、気合い十分です!🍊💪💪 みかん酎ハイのCMオファーお待ちしてます‼️‼️😜 P.S.帽子とシャツ新調しました🍊✨笑 #みかんのみっちゃん #有田みかん #みかん農家 #農家 #農業 #みかん #みっちゃん #無農薬 #柑橘 #減農薬 #農業男子 #オレンジ #orange #citrus #farmer #みかんチンピラ🍊

🍊みかんのみっちゃん農園 園主🍊さん(@mikan_no_mitchan)がシェアした投稿 –

また、みかん・はっさく・レモンを個人的に1人1人やりとりをし、約2500人に送る。

その他にも、 みかんの加工品や全国の洋菓子店や飲食店とコラボし、販売しているケーキやゼリー、料理などの6次産業にも力を入れ、加工品開発やそれに繋がるパティシエや料理人などの6次産業に携わる仲間を集めて、新しい繋がりや価値を生み出す。

また、次世代の食の価値を見出す料理人やパティシエの専門学校との育成カリキュラムとの連携も行う。

・和歌山県有田川町を中心に地域振興を目指す新しいプロジェクトチームを作ろうと動いており、ビジョンとして、有田地域で、国内外の人達と地元の人達との交流人口を増やす。そして、地域産業、観光産業などを通して、有田地域の自立した地域経済の発展を目指し、未来の有田を創ることを目指す。

・援農キャラバンみかん採りプロジェクトという団体が有田に携わっており、その一員として、みかん収穫シーズンなどの農作業繁忙期に、全国から農家を助けたい!という想いを持った人たちを援農者として、地元に呼び寄せる活動を実施。

・全国テレビや関西テレビ、地元メディアや地元雑誌、ラジオなどにも度々出演。

・日々、みかんの生産技術・産業の発展と共に、地元有田の発信源を摸索中

 

☆フリフル坂口から見たみっちゃん農園のご紹介☆

初めてお会いした時は和歌山でも熊本でもなく福岡の博多駅でした。みっちゃん農園の小澤さんは和歌山から車で来てたと聞き驚いたのを覚えています。笑
みっちゃん農園さんは現代の農家を代表するようにSNSを駆使している農家さんです。フリフルでも実現したい「生産⇄消費者」をすでに実現してお客様と直接つながっていらっしゃいます。SNSをみていただくとわかりますが素晴らしい関係性を築いてらっしゃり、買わなくても柑橘類美味しいんんだろうな〜と伝わってきます。みっちゃん農園さんのSNSを下記リンクに掲載しておりますのでぜひ一度ご覧いただき、そのときの旬のみかんを購入してみてください♪

先日、みっちゃん農園さんの地元和歌山県に足を運びみかん畑にお邪魔してきた写真を貼っておきます!すばしいロケーションでした!(久石譲のSummerが流れてきそうな場所でした)

みかんのみっちゃん農園の商品の購入はこちら

 

 

知るカテゴリの最新記事