Feature 特集

つくり手インタビュー

甘いデコポンの見分け方、不知火との違いをデコポン農家に聞いてみた

IMG_7436

甘くて美味しいみかんの代表、デコポン。

値段も高いこともあり購入するときに失敗したくないですよね?

購入しようとして調べているうちに色々疑問点がでてくると思います。

不知火との違いってなに?甘くて美味しいデコポンの見分け方は?

保存方法はどうすれば?

みんなが気になっていることを本場・熊本のデコポン農家さんに聞いてきました!

 

 

目次


1,まず、デコポンの特徴、旬の時期、産地をおさらい。

1-1 デコポンの特徴

  1-1-1 デコポンの歴史

  1-1-2 デコポンはJAの登録商標

  1-1-3 デコポンと不知火の違い

  1-1-4 デコポンの基準とは?

 1-2 不知火の進化品種、「肥の豊」(ひのゆたか)

 1-3 デコポンの旬の時期

 1-4 デコポンの産地

2,熊本で「肥の豊」を栽培している片山さんにインタビュー

 2-1 美味しいデコポンの見分け方

 2-2 デコポンの保存方法

3,まとめ

 

 

 

 

 1,まず、デコポンの特徴、旬の時期、産地をおさらい。


デコポン

1-1 デコポンの特徴


1-1-1 デコポンの歴史

デコポンは1972年に長崎県の南島原市にある、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所カンキツ研究口之津拠点で生まれました。
「ポンカン」と「清見」を両親(交配種)に持ち先端の出っ張りが特徴です。当初は出っ張りのデコが奇形な果実とされ、市場に出回らず品種として認められていませんでした。
しかし、見た目の悪さとは対照的に糖度も高く食味に優れていたため、熊本県が栽培を始め「不知火」(しらぬい、しらぬひ)として品種登録後、徐々に市民権を得られ今の人気に繋がっていきます。熊本では芦北町にデコポンという道の駅があることでも知られています。

 

1-1-2 デコポンはJAの登録商標

デコポンは熊本県果実連が商標登録しています。そのため、農家直送などJAを介してない場合は「デコみかん」、「ヒメポン」、「キヨポン」、「不知火」として販売されているケースがあります。

http://www.nichienren.or.jp/home/topic/Kankitsu/TM_DEKOPON.pdf


1-1-3 デコポンと不知火の違い

デコポンは熊本県果実連の登録商標であり、不知火は品種名になります。どちらも同じ品種ですがデコポンは不知火の中でも基準を満たした特別なものだけが「デコポン」を名乗ることができます。ザックリ言うと、不知火の上位変換されたものが「デコポン」ということになります。

 

1-1-4 デコポンの基準とは?

では、不知火の上位変換であるデコポンはどんな基準があるのでしょうか?基準となるのは以下の2つです。

・糖度13度以上
・クエン酸1.0以下

この2つをクリアした不知火が晴れて「デコポン」という名前を使うことができます。
ただし、生産者が独自で計測しクリアした不知火はデコポンを名乗ることはできません。あくまでもJAに出荷し基準をクリアすることが条件になってきます。


1-2 不知火の進化品種、「肥の豊」(ひのゆたか)


実は不知火以外にも品種があることをご存知ですか?不知火には欠点があり、収量が少なく、成熟期が遅いため高酸化しやすい特徴を持っていました。そのため、熊本県農業研究センターでは成熟期が早く、収量にも優れた品種を開発することにしました。従来の不知火にマーコットという品種を交配させ不知火の欠点をカバーできる「肥の豊」を開発したのです。

 

 

1-3 デコポンの旬の時期


デコポンはハウス栽培、路地栽培がありハウス栽培だと12月ごろから出荷されます。露地栽培の場合、2月頃から出荷が始まり4月頃まで続きます。5月以降もありますが蔵出しといって特殊な冷蔵庫で保管されたデコポンになります。

・ハウス栽培 12〜2月
・露地栽培  2〜4月
・蔵出し   5月〜


1-4 デコポンの産地


デコポンの主な産地は熊本県(30%)、愛媛県(23%)、和歌山県(11%)となっています。(2014年)
これまで中晩生みかんの中で1番だった「いよかん」を抜いて初めて出荷量が1位(2012年)になりその快進撃はとどまることを知りません。

 

 

 

2,熊本で「肥の豊」を栽培している片山さんにインタビュー


%e7%89%87%e5%b1%b1aymabc2x4u9jnbf1478590813
片山さんは「フルーツの里」と呼ばれる熊本県植木町でデコポンで馴染みが深い「不知火」の進化品種「肥の豊」や桃、フルーツキンカンなどを栽培している果樹農家さんです。普段はハナウタカジツとして商品PRや様々な活動をされています。また、安定的においしい果実をお客様に届けるために「温室栽培」と「完熟収穫」を徹底しており、そのこだわりから農業コンクールで入賞するなど評価の高い農家として知られています。
今回はハナウタカジツの片山さんから「デコポン」のおいしい見分け方、保存方法など伺いました。

 

 

2-1 美味しいデコポンの見分け方


-ズバリ、美味しいデコポンの見分け方とはなんでしょうか?
色が濃くて、実の形はへんぺいな方がいいかな。

 

-デコの出具合は関係ありますか?
デコの出具合は関係ないけど出過ぎず出なさすぎずがいいと思うよ。デコの出方は花の時期の寒暖差によって出るから路地デコ(路地栽培のデコポン)よりハウスデコ(ハウス栽培のデコポン)の方がデコは出るよ。

 

-重さはどうですか?
素人にはわかりづらいけど、見た目より軽いと真ん中のとこに空洞が出来てくるけど、あんまり味とは関係ないと思う。

 

 

2-2 デコポンの保存方法



-保存方法を教えてください
常温で日陰の保存かな。冷蔵庫には入れたりしないで大丈夫。


-家の中だとどれくらいの期間持ちますか?
10日は持つと思うよ。もっと持つと思うけど。


-箱買いした場合、箱から出して保存した方がいいですか?
出したほうがいいね。袋入りもそうだけど、あんまり実と実がくっつかないほうがいいと思う。


-暖房が効いてる部屋では保存しないほうがいいですか?
痛みは早くなるような気もするけど追熟しそうな気はするよね。いまいちどれも明確な答えじゃないけど。


-ということは甘くないデコポンを買ってしまった場合、自宅で追熟すれば甘くなりますか?
どうだろうね、気持ち程度じゃないかな。酸が感じにくくなって食べやすくなるから甘く感じるかも。

 

3,まとめ


1,デコポンは登録商標。

2,デコポンの基準は糖度13度以上、クエン酸1.0以下

3,美味しいデコポン、不知火、肥の豊は色が濃くてへんぺいな形を選ぶ

4,保存方法は日陰の常温で。

5,甘くないのを買ってしまった場合、暖房の効いた部屋で追熟。しかし、痛みが早くなる恐れあり。

6,不知火、肥の豊は品種名。検査を受けてないので当たり外れがある。不知火、肥の豊を購入する場合、信頼している農家から買うこと。

デコポンことデコみかんを無料でプレゼントしています。ご応募はコチラからどうぞ。

この記事に登場したつくり手

ハナウタカジツ(熊本県)

この記事をSNSで発信する

  • シェア
  • ツイート

このカテゴリーの一覧へ

人気ランキング

  1. 《規格外》デコみかん5kg宮本果樹園(熊本県)《規格外》デコみかん5kg
ページの先頭へ